女は何故案外痩せたいのか

太った人の存在が許されぬコミュニティ
太った女性は、「空気ものの差別」を受けます。打ち上げや旅行で声がかからないし、男性はちっとも視線を併せませんよね?

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b3%e3%83%ab5

私も一昨年から1カ月に約1キロずつ太って、昨年は一時60キロ(身長158センチ)に達しました。「またおめでた?」とまで言われましたが、食生活といった運動習慣の改善で52.6キロに。「差別」から逃れ、自信を得ることができました。

そういう女性の“ヤセ願望”を、男性は異常だと感じているようですが、とりわけ知っていただきたいのは、女性の“ヤセ”は男性にモテたいがための“ヤセ”ではないについて。理想の自分、まるでロールモデルに近づきたいんです。

その理想が、人気モデルやタレントさん。ああいうスタイルになりたい、ああいう服を着たい、みんなの前で堂々と語れる自分でありたいんです。レズビアンも何でもありません。顔は変えられないから、髪形やファッション、体形で近づこうとするんです。

図を拡大
女性の体形に関する男女の認識のギャップ
も、モデルやタレントさんは標準体形からなかなかか細いし、肉もついていません。私はじかにたくさん見ていますが、さすがガリガリで細すぎますね。男性から見れば、ボディマス指数(BМI、図参照)が20~22も余裕でOKなのに、女性は頑張って18以下を目指すというギャップは、そうして生まれるんです。

ですから、女性にモテたい、社長になりたいといった男性の自己実現の願望を、もっぱら女性に当てはめるのは無理があります。そんな願望を持つ女性は、皆無は効くませんが少数派だ。

ある程度語弊がありますが、女性は1回に1人しか子供を産めませんから、大勢にモテても無意味。少数精鋭で一段とよき人を探したい。

そこで、女性は男性のスクリーニングをかけ続けます。広瀬香美さんの「ロマンスの神様」の歌詞に女性が共感するのはそこです。いい人がいるといった、「年齢、住所、趣味に職業さりげなくチェック」して「待っていました、合格ライン」。そこでサングラスを取って「素顔がシック」って初めてOK。会って即ホテルに直行しようとするカン違い男は、こういう間隔に気づいていません。

ただ、“ヤセ”にはもう現実的な理由もあって、肥えるといった思う存分服がなくなる。ちゃんとしたブランドならともかく、中堅・中小ブランドはワンサイズしかありません。しかもそのワンサイズは、標準によってある程度細めが一番似合うようにできていらっしゃる。ですから、体形が多少なりともそこを上回った瞬間、ダサイかおっきいか、どちらかの服しか手に入らなくなるんです。

簡単な自己実現であるという側面も、“ヤセ”を後押ししていらっしゃる。常に努力すれば、一時的にぜひ向かう。そうしてやせるって、脳内にエンドルフィンという快感ホルモンが出て、びっちり拒食症のように食欲が抑制されます。

すると、ストレスが溜まってスイーツを摂る。これは男性にとってのお酒のようなもの。しかも平日の昼間に摂っても怒られません。但し、スイーツをたくさん食べたら、太りたくないからごはんを燃やす。すると、体重は変わらなくてもBMIは上がります。ですから一際ごはんを切り落とし……という悪循環に陥りがちだ。

なので、女性はやせる情報を交換しあったり、お互いを牽制し合うために太った人は太った人どうし、痩せてる人は痩せてる人どうしでコミュニティを作り上げます。痩せている人のコミュニティでは、太っている人の存在は許されません。弾かれはしませんが、普段気をつけることも違うし、ファッションの話も躊躇しちゃうから、自然と仲間は思われなくなります。

女性が子孫の生存率を決めるには、そういったコミュニティからは外されないほうが好ましい。“ヤセ”は「空気ものの差別」を逃れ、コミュニティへの“参加権”を得るためのパスでもあるんです。

ロールモデルへの同一化、自己実現、コミュニティへの参加権。女性を理解する一助としてこういう3点を押さえておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です